奥積税理士事務所 | 事務所IT化について

奥積税理士事務所 | 事務所IT化について

事務所IT化支援

jimusyo.jpg


入力作業をなくす経理環境の構築

会計システムに仕訳入力をする作業は減らすことができます。

もともと、預金データはインターネットバンキングを用いると、デジタルな形で得られます。また、現金出納帳は、小さな会社であっても、エクセルに入れれば、デジタルな形で得られます。

会計処理の骨格となる、現金・預金の入出金データは、そのように整えれば、簡単にデジタルなデータで得られます。

つまり、これを、会計システムが要求する形に、単純な判断を含めて合理的に短時間でデータを変換する仕組みを構築できるのかどうかで、現金・預金という会計処理の骨格部分における単純作業部分を、顧問先も会計事務所のいずれも負担しないという形が見えてきます。

これは、事業規模が大きい程、経理人員1人の雇用の必要性も変化し、大変大きなインパクトを持ちます。

現在、奥積税理士事務所では、このことに力を入れています。


社内ネットワークの整備

会社としては、家電店で調達する仕組みでは心細いですし、かといっていたずらに高額なシステムも困ります。

会社のシステムとして十二分で、そしてコストパフォーマンスも高い、そのようなシステムを、特定の専門業者に依頼せずに解決する方法もあります。

お気軽にご相談ください。


複合機の導入(ペーパーレス化を踏まえて)

複合機はオフィスの当たり前の景色ですが、考え方を少し変えると別の見方もできます。

ペーパーレス化してしまうと、「画面上の紙」を「実物の紙」のように取り扱えるソフトウェアを用いて、実物の紙を余り使用しなくなります。

その際のソフトウェアの良し悪しを考えると、複合機のメーカーとの連携等も重要な要素になってまいります。

電子的なペーパーを実物の紙のように取り扱うことが出来るようになれば、余り印刷することもしなくなりますので、印刷単価は余り問題にもなりません。

ペーパーレス化を視野に入れた場合、そのソフトウェアやそれとの連携を最適化できる機種の組み合わせを大切にしたいところです。


スマートフォン・タブレットの活用

スマートフォン・タブレットは、会計事務所への資料の受け渡しや会計事務所からの各種資料の提供に、大変活躍します。

紙の郵送に伴う郵便のタイムラグを必要とせず、保管スペースやファイリングの問題も乗り越えて、移動先でも各種資料が確認できるようになります。

スマートフォン・タブレットをお持ちの方、PCを良く使われる方に最適な、顧問先と会計事務所の仕組みをご提案させて頂きます。


その他の業務案内

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional